利用価値のない場所

誰もいない、枯れ草のカサカサ程度しか聞こえない空間。
そういう場所をぽつんと歩きます。

「利用価値がない場所」

凍れた湿地帯の真ん中
真夏のような青空
西から流れてきた雲が遠くに雪を降らせています。

(撮影:小澤太一)